我々のチーム > 

問題別チーム

Search for expert

顧客が遭遇する問題別に弊事務所の弁理士及び法律専門家が特別のチームを組んで対処します。

知的所有権侵害対策


  • 知的所有権有効性鑑定
  • 侵害差押え
  • 複数の場所での同時侵害差押え
  • 侵害品の輸入に対し税関とタイアップして輸入阻止
  • 侵害製品の輸入販売経路発見の支援
  • 侵害の予防:競合相手の出願動向監視

コンタクト:contrefacon@bdl-ip.com

契約と訴訟


契約書に関わる相談に対しては弊事務所の法律家が特許商標弁理士とチームを組んで対応します。特許関係ではノウハウ移転契約、特許の譲渡契約、ライセンス契約、共同研究にあたっての守秘義務契約、などが挙げられます。

また特許訴訟に関する相談には特許弁理士が中心となって弊事務所法律家とチームを組んで対処します。

コンタクト contrats@bdl-ip.com

知的財産権の財務価値評価


M&A、企業相続、増資などに先駆けて特に評価の難しい企業の知的財産権の財務評価を弊事務所の特許商標弁理士及び法律家が協力して行います。

コンタクト audits@bdl-ip.com

知的財産についての企業向け研修


ボードロメニー特許事務所は企業向け研修機関としての認定を受けています。企業の要望に沿って知的財産に関わるあらゆる観点からの研修を行うことが可能です。

研修は企業へ出張の形あるいは弊事務所において行われます。求められた話題に沿って弊事務所の経験豊かな弁理士または法律家が実施します。過去に行った主な研修内容は、特許とは何か(初級者向け) 発明と特許の違い(特に発明に関わるエンジニア向け)、欧州特許庁の審査ガイドライン(進歩性についての説明)フランスの特許侵害裁判(侵害差押えの注意点)、従業員発明(発明者および管理者向け)などです。

日本企業がフランスに生産拠点やR&Dを設置したり大学との共同研究を行うときには特許制度に不慣れな現地エンジニアや大学研究者との間に従業員発明や発明の開示時期についての問題が発生しがちです。弊事務所の研修を利用することで企業リスクをあらかじめ減らすことを検討されてはいかがでしょうか。

コンタクトformation@bdl-ip.com

調査とモニタリング


先行技術調査と競合社の技術モニタリングを行う専門のエンジニア3名が、先行技術調査のお手伝いをします。

コンタクトveille@bdl-ip.com

翻訳


ボードロメニー特許事務所の4名の翻訳家及び特許明細書翻訳を専門に行っている外部翻訳家と守秘契約を結んだ上で翻訳が行われます。フランス語から英語へ英語からフランス語への仕事が中心ですが、技術翻訳についてはフランス人弁理士及び英国人弁理士が必ず内容をチェックします。英語からドイツ語へドイツ語から英語への翻訳はドイツ支社のドイツ人弁理士が内容をチェックします。

コンタクトtraduction@bdl-ip.com


Focus >

Beau de Loménie Marseille: a new era is beginning

 

2018/2019 has marked an important stage for the first branch office that Cabinet Beau de Loménie opened, in 1968, outside the Paris region: a new head, Olivier BOURA, has taken up post, new experts have joined the Patent, Trademarks and Designs practices and the office has been relocated from the Prado district to the Place Castellane (...).

Read the entire press release here.

Cabinet Beau de Loménie - 158 rue de l'Université - F75340 PARIS CEDEX 07 | T : +33 (0) 1 44 18 89 00 | F : +33 (0) 1 44 18 04 23